ブログ

2021.10.19ブログ
「茶の子」

広島に来て初めて知った言葉です。

広島市では、香典返しは「茶の子」「満中陰志」

法要の手土産も「茶の子」とすることが多いように思います。

香典返しのかけ紙は、仏式では「満中陰志」しか知りませんでした。

法要の手土産のかけ紙は「粗供養」だったように思います。

(兵庫県明石市の出身です)

最近知ったのは手土産に「台引」というかけ紙。昔はお客様に持ち帰っていただく手土産のことを「台引き物」といったそうです。

進物は専門ではないので、間違いがありましたらご指摘くださいませ。

地域や宗派や時代によって違う、その土地その家でのやり方がある。そういうことに興味をひかれます。

 

「茶の子」の投稿画像02

弊社の安佐南区大町にある広島典礼会館南館の二階には、ご法要のできる「もみじホール」とお食事会場がございます。

ご法要に引き続き会食ができますので、移動の手間なく、ご好評をいただいております。駐車場もございます。

ぜひ、ご利用ください。